生活の必需品になったパソコンの活用例をみましょう

デジタル写真の普及でパソコン活用が広がりました。 フィルムの写真で個人的に加工ができませんでしたが、デジタル写真になりパソコンを活用すると簡単に加工できるようになりました。 パソコンと聞くと「難しい」イメージはありますが、使いやすいソフトの登場で誰にでも簡単に写真加工ができるのです。

パソコン以外でも可能な写真加工

加工はパソコンにソフトをインストールして可能になりますが、SO付属のペイントソフトでも可能なので直ぐにでも始めることはできます。 また、スマートフォンでは写真撮影から簡易的な加工までその場でできてしまいます。 加工機能の面ではパソコンに一歩譲る部分もありますが、手軽さの面ではパソコン以上ともいえます。

パソコンで写真加工するにはペイントソフトが必要になります

パソコンで写真を取り込み加工するためには、ペイントソフトを入れる必要になります。 但し、OSには基本的なことができるように簡易的なソフトが付属しています。 その中にペイントソフトもあり利用できますので、高度な写真加工はできませんが写真加工を始めることができます。 最初はこれを使ってみるのが良いでしょう。

写真の色々な加工方法

このサイトでは写真をパソコンで加工するテクニックについて触れますが、その前に画像を加工するためのパソコン環境について少し理解しましょう。
理解すればより簡単に画像加工をすることができますし、加工した写真の活用方法もわかってきます。
先ずは、パソコン本体と表示画面、プリンターにスキャナーなどで最近はスキャナーとプリンターの複合機が主流になっています。
パソコン自体にも基本ソフトとしてOSがインストールされ操作の基本になります。
OSには最低限利用することができる数種類のソフトが実装されているので、最低限のことは可能になります。
この基本構成で写真加工はできますがインターネット回線に接続することで、加工した画像の活用方法がより広がることになります。
インターネット上には写真や画像、動画も多くあるのでそれを二次利用して加工することも可能になります。
パソコン利用でインターネットは必須となっていますが、その他、文章を作成するワープロや表計算などで集計会計処理をしたり、また、メールやウェブカメラで画像通信をしたりショッピングなど様々な利用方法が生活の中に溶け込んでいます。
一方でスマートフォンの普及もあって、写真を撮影した直後に簡易的ですが加工もできる手軽さもあります。
ここでは特にパソコンを利用してご自身で撮った写真をどのようにして、パソコンに取り込み加工をしたり、また、どのように活用するかを一連の流れとして説明をしてみようと思っています。
写真加工の全てをお伝えすることは難しいのですが、その一部を理解していただき、最初の導入としていただき、写真をパソコンで加工する世界を垣間見られればと思います。


TOP