パソコン以外でも可能な写真加工

取り込んだ写真の画像形式に注意

写真の画像形式には種類があるので、この種類を理解しておかないとパソコンに取り込んでも、扱うことができず加工もできなくなってしまいます(画像形式変換は可能)。
それはデジカメやスマホなどには専用の画像形式がある場合もあり、そのままではパソコンで開けません。
最近はパソコン利用などを考慮して、JPEG(拡張識jpg)形式が多いのであまり意識する必要はないのですが注意はしておいてください。
その他にPNG形式など数多くあります。ベタファイルといわれ無圧縮になるのがBMP形式になり、先ず、この形式が読めないことはありません。
JPEG形式などと違って圧縮されていないので、ファイル容量も大きく高画質写真だと容量が大きくなりすぎて、パソコンで開いて加工するのにも時間がかかってしまいますが画像保存形式の基本になります。
最適なのはJPEG形式ですし多くが利用している形式なので覚えておいて下さい。

OSに付属の標準ペイントソフトで加工

パソコンで写真加工するには、ペイント系のソフトを利用することになります。
基本OSにはペイントソフトも付属しています。
このソフトで写真の加工ができてしまいます。
但し、パソコンに取り込んで写真画像形式には注意をし、BMP形式やJPG形式などであれば問題はありません。
実際にペイントソフトを立ち上げ、「開く」を選択して写真を読み込んでみてください。
読み込めれば、ペイントソフトの画面上に写真が表示されると思います。
表示された写真のメニューなどで拡大をしてみてください。
ドットの配列によって写真ができていることを確認ができます。
このドットを変更することで写真加工をしていきます。
また、写真全体に処理を施すと、選択した処理内容が反映された表示になり、これらの効果をペイント系ではフィルターと呼んでいます。
このフィルター機能が効果そのもので、ソフトにより効果可能な種類(数)に違いがあります。



TOP