パソコンで写真加工するにはペイントソフトが必要になります

加工した写真を利用したり印刷したりする

加工はペイントソフトを利用したり、年賀状ソフトなど画像を取り扱うソフトでは、付属機能として利用できるようになっています。
ソフトの機能に依存しますが、様々な効果を写真にかけることができます。
効果の種類を挙げると切りがない種類毎の説明は割愛しますが、皆さんが想像できる写真の効果は概ねできてしまう種類のフィルター機能があると思ってください。
写真画像はドット構成なので「シワを消す」とか「シミやニキビを消す」なども可能です。
写真自体の書き換えができると考えてください。
別の写真の背景を入れたり合成したり考えられる加工が施せるのです。
加工方法はお使いのソフトに依存しますので先ずは操作方法を確認してみてください。
写真加工が終われば、それをどのように使うかになると思います。
例えば年賀状ソフトに加工済写真を利用したり、ブログやホームページ上に加工写真を載せてみたり、SNSにアップしたり印刷したりでしょう。

写真加工のまとめと古い写真のデジタル化

写真画像をパソコンに取り込み加工をすることについては基本的に理解できたと思います。撮った写真をパソコンに取り込み保存、その後にパソコンのペイントソフトで加工をしていきます。
加工内容としては、拡大縮小、変形、変更、フィルターによる効果を付加、他の画像形式への変更などです。
ペイントソフトは、市販のものから無料のフリーソフトがあります。
ソフトの機能差もありますのでパソコンに複数を入れて利用することも可能です。
デジタル写真の加工の他に、過去にフィルムのカメラで撮った写真をスキャナーやフィルムスキャナーを利用することで古いアルバム写真を取り込んでデジタル化もできます。
デジタル化した写真はパソコンで外部メモリなどに保存保管をしておけば、その時点の画質で半永久的に手元に残せます。
パソコンに取り込んだ写真は、補正加工もできますから古い色あせた写真を蘇らせることもできてしまいます。
写真加工は奧が深いのです。



TOP